2020年のテーマは「身体尺度(ヒューマンスケール)」

等身大の私たちの生活から地続きに、アーティストたちがそれぞれの表現を展開します。点在するアート作品を巡り、作家の思考の軌跡を辿ることで、自と他を知り、対話を促す機会に出来ればと考えます。

かつて日本や中国で使われていた長さや面積、体積といった単位は、すべて身体を基準にしていました。尺(しゃく)は親指の先から中指の先までの長さ、石(こく)は一人が一年に食べる米の収穫量、反(たん)は一石の米を収穫する面積に由来しています。

近代以降、尺貫法は世界共通のメートル法に変わり、国際的に単位が統一され、交換や取引や移動が可能になりました。しかし、その自由と引き換えに、私たちは、常に何かと比較され、競争に曝され、評価に脅えているのではないでしょうか。また、尺度に囚われるあまり、違いを排除しようという不穏さも見受けられます。

経済学者の玉野井芳郎氏は、晩年の著書で「ヒューマンスケール」という概念の重要性を説いています。顔の見える地域のライフスタイル、人間に制御できる適正な規模のテクノロジー、水と空気・地球あってのすべての循環。それは振り返りである以上に、現代の私たちにとって新しい視点でありえるでしょう。そこを探る試みが2020年の糸島芸農です。

春から初夏へと移ろう糸島の田んぼ、海、山に囲まれて、一人ひとりの身体に合った尺度を見つけに行きましょうか。ヒューマンスケールな世界を歩きましょう。

開催概要

2020年 5月23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日)

時間|11:00~17:00

入場料|1000円(小学生以下無料)

場所|福岡県糸島市二丈松末、深江地区

ゲストアーティスト

増山士郎

1971年東京生まれ、川崎出身。明治大学建築学科大学院修了。社会や人々とかかわる様々なプロジェクトを実施する。ニューヨークのISCP(International Studio & Curatorial Program)、ベルリンのキュンストラーハウス・ベタニエン、ダブリンのアイルランド近代美術館、韓国国立現代美術館が主催するMMCA、北アイルランドのMillennimu Court Arts Centreといった世界中のアーティスト・イン・レジデンスに滞在しながら、ノマドで活動している。 2004年より6年間ベルリンを拠点にした後、2010年からは、紛争地帯として知られる英国は北アイルランドのベルファストに移住。2013年より、北アイルランド最大のアーティスト・スタジオ組織Flax Art Studiosのボードディレクターに就任し、自らのアーティスト活動のみならず、現地で多くの日本人アーティストを紹介するなど精力的に活動している。

トークゲスト

伊藤亜沙

東京工業大学科学技術創成研究院未来の人類研究センター准教授。MIT客員研究員(2019)。専門は美学、現代アート。もともと生物学者を目指していたが、大学3年次より文転。2010年に東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻美学芸術学専門分野博士課程を単位取得のうえ退学。同年、博士号を取得(文学)。主な著作に『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社)、『どもる体』(医学書院)、『記憶する体』(春秋社)など。WIRED Audi INNOVATION AWARD 2017受賞。読売新聞読書委員(2017-2018)、日経新聞「プロムナード」連載(2019)、朝日新聞「思考のプリズム」連載(2019)など。

参加アーティスト

増山士郎、藤浩志、Studio Kura、牧園憲二、松崎宏史、 uzumaki(大澤寅雄・手塚夏子)、河合拓始、小瀬泉、鈴木淳、 渭東節江、廣末勝己、天野百恵、アヤベ・ジュンコ、ウィールズ(里村歩・廣田渓)、 九州産業大学諫見泰彦研究室、櫻木雅美、ハ・ジョンナム、宮田ちひろ、 MUKA、張家安、黃大維、何宇倫、Melissa Abuga a、Seb Agresti、 María Fernanda Araya、Ralf Born、Joanne Croke、 Cary Fagan、Nicoletta Favari & Christopher Salvito、Annette Jannotta、 Shen Jiaqi、Rocio Landaveri、Wendy Mack、 Kostas Papakostas & Stephanie Pochet、Passepartout Duo、 Esteban Del Rio、Elisabeth Tjoandi、Lee Li Yi

公式ニュース

糸島芸農サポートスタッフ「いっきさん」を募集しています。

糸島国際芸術祭2020糸島芸農の様々な運営業務をお手伝いいただけるボランティアサポーター「いっきさん」を募集し […]

ポスター、フライヤーが完成しました

  鮮やかに目をひく色彩でポスターとフライヤーが完成しました。これから糸島を中心に、全国へお届けします。202 […]

糸島芸農プレイベントvol.3芸農フリマ開催!

糸島芸農の乏しい財源を少しでも増やすべく、まったりとした取り組みを実施いたします。 〜11月23日(祝)勤労感 […]

ニュースをすべて見る

スタッフブログ

参加アーティスト、始動!

糸島国際芸術祭2020―糸島芸農―参加アーティストたちが、続々と下見で松末地区や稲荷山を訪ねています。まずはみ […]

糸島芸農サポートスタッフ「いっきさん」を募集しています。

糸島国際芸術祭2020糸島芸農の様々な運営業務をお手伝いいただけるボランティアサポーター「いっきさん」を募集し […]

糸島美術の源流を辿る

糸島市の広報誌が2月号で糸島美術の源流を辿ると題して、糸島出身の日本画の巨匠「松永冠山(まつながかんざん)」を […]

ニュースをすべて見る