テーマ「マレビトの通り道」

「私の考へるまれびとの原の姿を言へば、神であつた。第一義に於ては古代の村々に、海のあなたから時あつて來り臨んで、其村人どもの生活を幸福にして還る靈物を意味して居た。」(折口信夫「國文學の發生(第三稿)」より)

九州北部に位置し、東に福岡市、西に唐津市に挟まれた糸島は、海峡を挟んで朝鮮半島や中国大陸と近く、古くから大陸との窓口として繁栄してきました。かつて松末村と呼ばれた糸島芸農の開催地には、唐津街道が東西に伸びています。

古来からその道を、海の向こうから渡ってきた人々が歩いていたことでしょう。そして現在も、世界各地からアーティストがこの地を訪れ、滞在し、同じ道を歩いているのです。

民俗学者の折口信夫は、マレビト(稀人・客人)を、海の彼方から村人の生活を幸福にして帰る霊(みたま)を意味すると言いました。だとすれば、この地を訪れるアーティストは、マレビトなのかもしれません。いや、アートと出会うために来る客人もまた、マレビトなのかもしれません。

そこは、マレビトが訪れ、出会い、帰っていく道。過去から未来につづく「マレビトの通り道」なのです。

開催概要

2018年10月 20(土)・21(日)・27(土)・28(日)

時間|11:00〜17:00

入場|1,000円前売りチケットは900円・小学生以下無料)

場所|糸島市二丈松末、深江地区

トークゲスト

櫛野展正(クシノテラス主宰、アウトサイダー・キュレーター)

参加アーティスト

藤浩志、片山雅史、鈴木淳

渭東節江、uzumaki(大澤寅雄・手塚夏子)

小瀬泉、河合拓始、黒崎加津美、Studio Kura、

Peiqi Zhang 、Chia-Hui Chen、牧園憲二

Amada Claire Miller、Aurora Solberg、Ben Harb

Corinne Caro、Jinhee Jeon、Nikki Lam

Saga Unnsteinsdottir、Yeo Ting Ting Jolene、Yin Yue Chan

継続展示

平川渚

作品上映・トーク

Higashikara

 

イベント

全日

11:00〜17:00

芸農マルシェ

10月20日(土)

オープニングツアー

ナイトプログラム ※展覧会終了後

マレビトシネマ

10月27日(土)

ナイトプログラム ※展覧会終了後

マレビトシネマ アーティストフィルム編

10月28日(日)

櫛野展正(アウトサイダー・キュレーター )スペシャルトーク

※トーク終了後

芸農オークション

糸島国際芸術祭「糸島芸農」とは?

糸島は福岡大都市圏に隣接し、美しい自然と豊かな農業などの生産現場に恵まれ、近年、多くの工芸家、デザイナー、芸術家などが移り住み、全国で最も注目されている地域の一つです。その創作活動の発信においては、まだ個別的、分野別の試行錯誤の状況にあります。この状況で、「アート」の広義の可能性に注目し、糸島の魅力を再発見し、生活と密着したアートのあり方を提示し、地域でのアートへの関心や理解を深め、糸島から大地に密着した文化的な発信力をつけていくものです。

目的


この企画の目的は、アートを媒体として、これまで地域で行われてきた様々な表現活動や生産活動を横断的につなぎ、新たなアートの可能性を探り、そのことで地域の活性化をめざし、文化の成熟度を高めることにあります。

特徴


この企画の特徴は、糸島の豊かな食の資源や歴史などをアートやデザインといった表現活動とコラボレーションする点にあります。「食」や「農業」といった日常生活の関心事を、アートを通して表現し、市民の参加を促し、それが地域の活性化や魅力の再発見につながると考えます。

主催

糸島芸農2018実行委員会

協賛

Studio Kura

後援

九州大学ソーシャルアートラボ九州大学芸術工学部

協力

翼宿 / Tsubasa International Guest House九州石井運輸株式会社