萬歲少女/マンザイ ショウジョ/Vivagirl

萬歲少女/マンザイ ショウジョ/Vivagirl

萬歲少女は高雄左営で生まれ、本名は蒋涵玶。
最高学位は国立台北芸術大学美術創造研究所。

出版:『萬歲少女萬歲』など7冊の著書。
個展:<花想念>2016年、分享芸術空間、高雄、台湾を含めて7つの個展を開催。
グループ展:2020年、上海を含めて、台湾、シンガポール、マカオなどで10回の共同展に参加。

萬歲少女は自由時報と聯合報のコラムニストでした。 2008年に「講義雑誌」の最優秀年度イラストレーターを受賞し、中国時報の最も影響力のある人物トップ10を受賞しました。萬歲少女の作品は、主に「少女」を仮想の現実として使用し、現代と自身が経験した成長記憶を反映させ、このような形で過去の感情を呼び寄せている。万歳少女の創作の主軸は「少女病」から始まり、ピンクの塗り替えという形で、行動、ビデオ、絵画の作品を表現します。日常生活の中で失われていくものやかつて存在した人々のものに対して、ピンク色は記憶を呼び起こす手段であり、微弱な自己宣言や応えでもある。

Facebookファンページ:https://www.facebook.com/vivagirl.tw/
Instagram:https://www.instagram.com/vivagirl.tw/