2020年 参加アーティストスタッフブログ

作品紹介 「手をつなごう-We like to hold hands」(Studio Kura子ども絵画造形教室)

Studio Kura Kids Art Class “We like to hold hands” from Torao Ohsawa on Vimeo.

Studio Kura子ども絵画造形教室では、みんなの手や足を型どって思い思いに絵を描いたり、色を塗ったりした作品をインスタレーションとして展示しました。糸島芸農2020のテーマ「身体尺度」を子どもたちのアートで表現するものでしたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、意図せず意味も加わり、より心に響く展示となりました。

普段、福岡と佐賀の教室へ元気に通っている子どもたちですが、絵画造形教室も休校となり、この作品を作るためのレッスンには全員が参加とはなりませんでした。それでも、何人かの子どもたちの作品が集まったので、規模は小さくなり、観客もないひっそりとした展示になりましたが、当初のオープニングにあたる5月23日に稲荷山会場に作品を設置をしました。このビデオはその模様を記録したものです。

子どもたちの手の大きさのなかに広がる色や線のカラフルな小宇宙と、周囲の木々の緑や鳥の鳴き声がマッチし、別世界のような幻想的な風景が広がっています。手足を組み合わせて別のかたちにデザインしたり、見立てやかたちの変化の遊びも楽しく表現しました。近くでよく見ると、お願い事や目標が書いてあったりもします。

光を浴びながら子どもたちが、元気いっぱいに手を振っているようにみえませんか。どこかでかくれんぼをしているような、笑い声までが聞こえてくるようです。お友だちとしっかり手をつないだり、エイエイオーをしたり、ピースサインをしたり。このひとつひとつの手の持ち主である子どもたちが、健やかに成長していることを心から喜ばしく感じます。

今は、ようやく学校も始まりましたが、しばらくはいろいろと制限が続き、お友だちと仲良く近づいて話したり、ましてや素手で手をつないだりといったことは出来そうにありません。この不便さや悲しみにフォーカスしすぎないで、自分たちの身体尺度で楽しむことの大切さを失わないでいたいものです。

本当に手がつなげるその日が、早く訪れますように。