展示作家Peter Granser(写真家/ドイツ)

2014年10月17日 toyoda Tag :

展示作家Peter Granser(写真家/ドイツ)

展示作家Peter Granserの紹介です。

2013年5月にレジデンスアーティストとしてスタジオクラで滞在制作をしたペーターさん。
今回、芸術祭の参加に合わせて、糸島へ再訪です。

前回、スタジオクラで開催された個展[Schatten Felder  – 農道に沿って-]では糸島を探索し、写真や動画に収めたペーターさん。展覧会は多くの人でにぎわったことを昨日のように思い出します。

Peter Granser個展[Schatten Felder  – 農道に沿って-] / 2013年 / スタジオクラ
p_peter

その個展は松尾芭蕉の旅行記「奥の細道」にインスパイアされ、パートナーのベアさんと共に、糸島の地を端から端まで巡りました。
手にはカメラ、足は自転車。時に山をも登り、農村では市井の人々と交流し、寺に訪ねる、その過程は松尾芭蕉と河合 曾良のようでもあります。
しかし、そこに収められていたものは伝統的な風景ではなく、普段見向きもされない些細な物たちでした。
影の中にある、道沿いの小さな発見、それは芸術的な測量といえるかもしれません。

今回、その個展を再度構成し直してスタジオクラの母屋にて展示されます。

巨匠の写真に再び会える機会です。前回お見逃しの方、残り二日ですが、ぜひご来場ください。

peterさんの写真に思わず手がのびる子ども。写真の「見せ方」にも注目です。
10743414_708461639244715_883496911_n***

■参考レポート「Peter Granserトークイベント at 紺屋2023」

■スタジオクラ個展「Peter Granser [Schatten Felder] 展示風景」

 

peterPeter Granser(ペーター・グランサー)

写真家【オーストリア】
写真を独学で学び、2001年にはWorld Press Photoのマスタークラスに招聘された他、数々の賞を受賞。作品はヒューストン・ファインアーツ・ミュージアムをはじめアメリカ、スペイン、スイス、ドイツなどの多数の美術館に収蔵されている。これまでに「Sun City」、「Alzheimer」、「Coney Island」、「Peter Granser 2000-2007」、「Was einem Heimat war」などの写真集を出版。
 
 
 
 
 
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
前売りチケット発売中

お得な前売りチケット販売中です。
糸島芸農開催中は各案内所、主な作品展示場所などでも販売します。

熊本地震 AAFネットワーク活動支援募金にご協力ください